スポンサーサイト

カテゴリー:-

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -

ご存知ですか?「鼻腔・咽頭拭い液採取 5点」

今月はカスタマーサービス課より、算定情報についてお知らせします音符

 

インフルエンザの季節になってまいりました。

予防接種のためご多忙の医療機関様も多いかと思います。

 

インフルエンザの検査をする機会も増えてくると思われますが

迅速検査キットなどで検体検査を実施したときに、検体採取料が算定できるのはご存知でしょうかはてな

 

平成28年4月法令改正により「鼻腔・咽頭拭い液採取」という検体採取料が新設されました。

あまりにひっそり新設されたため、ご存知でなかったり、気付くのが遅れたという医療機関様も多いようなので

改めてご紹介させていただきますサキ

 

(早見表の改頁直後にひっそりと。)

 

一番多い事例では、やはりインフルエンザウイルスの検査を鼻腔及び咽頭の拭い液により実施した場合で、

検査の点数とは別に検体採取料5点を算定することが出来ますネコ星

 

検体採取に対する点数なので、「鼻腔及び咽頭の拭い液」により実施した場合であれば、

他のウイルスの検査でも適用が出来ます。

 

過去の事例で言えば、

・アデノウイルス

・A群β溶連菌

・MRSA

等で算定が可能なようです。

 

なお、同日に複数検体の検査を行った場合でも、1日につき1回までの算定になることにご注意ください。

 

 

体調管理の難しい季節になりますが、

患者様の体調はもちろん、医療機関職員の皆さま方もお体にはお気をつけください雪

 

・体調を崩さないために、こちらの記事もどうぞ↓

人に優しく菌には厳しい「次亜塩素酸水」で感染防止

 

 

  • -
  • -

スポンサーサイト

カテゴリー:-
  • -
  • -